2013年11月02日

『オムそばすけっと』って、こんなゲームです(2015/02/14追記)

こんにちは、コトノハゲームズです。
ゲームマーケット2013秋新作『オムそばすけっと』、箱や内容物、直前に作ってみた特典などの印刷物が手元にそろい、ドキドキしつつもものづくりの楽しさを味わわせていただいてます。うーん、ゲームの秋!ですね。

直前になってしまいましたが、『オムそばすけっと』をもう少しだけ具体的にお見せします。

秋といえば、食欲の秋。食べ物がおいしい季節でもありますね。
栗やおいも、きのこなど、旬のものがたくさんあります。同じ『栗』でも、『栗ごはん』や『くりまんじゅう』『モンブラン』など、色んなお料理がありますよね。『きのこ』だったら、シチューやパスタ、鮭と一緒に包み焼き。思わずお腹がなりそうです。

オムそばすけっと』は、いろんな「食材」がカードになっており、それを組み合わせて「お料理」やスイーツをつくっていく、というカードゲームです。

オムそば箱想像図mini.jpg
(↑画像は、箱のイメージです)

紙製の箱で、中にはトランプサイズのカード54枚と、解説書が入っています。

箱裏mini.jpg
↑こちらは箱裏。

表題作にもなっているルール
『オムそばすけっと』は、手ぎわよく、どんどんカードをつなげて「お料理」を作っていくというゲームです。

『たまご』と『めん類』を組み合わせると……
タイトルにもなっている『オムそば』になるか、
『月見うどん』にするかは、あなた次第!


プレイヤーに手札が配られたら、
「場札」を出します。
「場札」と組み合わせて、「お料理」(スイーツやデザート、飲み物も含みます)になるカードを考えます。

そして思いついたら、カードを出して、どんな料理になるか声に出して言いましょう。
思いついた人から、早い者勝ちです。

カードが出たら、それが新しい「場札」となります。
こんどは、それと組み合わせて、お料理を考えましょう。

……こうして、いち早く自分の手札を使い切ったプレイヤーが勝利します。

遊びかたmini.jpg

このゲームには『ご飯』『めん類』をはじめ、『たまご』『まぐろ』『トマト』から、『カレー』『みそ/しょうゆ』、そして『菌/発酵』まで。あるいは『チョコレート』や『いちご』のような甘いものを含めた、38種41枚の「食材カード」があります。
組み合わせで、いろんな「お料理」を考えてください!

慣れるまでは料理に興味がある人や、食いしんぼうな人が強いかもしれない、ちょっとへんてこなゲームです。

え? お料理が思いつかない?
そんなときに頼りになるのが「すけっとカード」です。

「すけっと」とは、シェフやパティシエなどの料理人や、食品をあつかうキャラクター。
 一定の条件で、好きな「食材カード」として場に出すことができます。

 手札にない食材カードとして使うほか「食材カードになってない食材」として使うこともできます。
 食材カードの組み合わせだけでは作れないメニューも「すけっと」があればできますよ。
(続きます)続きを読む
posted by コトノハゲームズ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする