2014年06月18日

ボードゲームストリート2014でご紹介いただきました

BGS.jpg
どーん。もうちょっときれいに撮ってあげたかった…

1つ前の記事でとけねこ先生こと藤浪智之先生も書いていますが、
ゲームマーケット2014春では、どうもありがとうございました!

会場で、
グループSNEの安田均先生がにこにこしながら教えて下さいました。

『ささきさんささきさん、オムそばすけっとの事、こんどのボードゲームストリートで少し書かせてもらったよ』
『うちの○○がえらい気に入ってて』
「わーー!?」

わーー。
そんなわけで、さっそく読んでみました。
ボードゲーム・ストリートは新紀元社さんから毎年出ている本で、
(ここをご覧のかたがご存知ないということはほぼないかと思うのですがっ)
色々なジャンルの海外や国内のボードゲームを、
安田均先生はじめグループSNEのボードゲーム大好きメンバーさんが紹介している、という
レビューにリプレイ、座談会もありというとっても楽しい情報誌なんです。

そんなご本にオムそばがー。

”(前略)54枚のカード
を使った4つのゲームが遊べます。なかでも、
タイトルと同名のゲーム「オムそばすけっと」は、
一見するとメビウスゲームズの名作『ワードバ
スケット』をモチーフとしたような、しりとり
風のゲームなのですが…言葉ではなく、場に
出ている食材カードと、手札の食材カードを、
とっさに組み合わせて料理に仕立てあげる、と
することで、プレイした印象はまったく違うも
のに。(中略)”
”(中略)女子力の高さが強さと
なるこのゲーム。(後略)”


(以上部分引用させていただきました)
わわー。
女子力。
わわー。
そうだったのですね(納得)!

安田先生、記事を書いて下さった伊勢先生、
もったいないご紹介とお言葉を、どうもありがとうございます。
もったいなくも光栄で、とっても嬉しいです。

余談(?)ですが、ここで。
前にどこかで書いたかもしれませんが、
『ワードバスケット』(私たちの大好きな、本当に名作ゲームです)
の生みの親である
小林俊雄先生にも、図々しくもオムそばすけっとを「ご笑納下さい…!」と
ファン宣言と共に送りつけてしまっております。
メールのやりとり中に判明した予想外のできごとが個人的に
とても面白く、嬉しかったのですが、これはまた何かの機会に
ご許可をいただいたうえで書いてみたかったりします。

嬉しさのあまり少々フワフワした文章になりましたこと、おわびします。
「ボードゲーム・ストリート」、「ワードバスケット」ともに
オムそばすけっと、これからもよろしくお願いいたします。

(文:ささりょー)

 

posted by コトノハゲームズ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。