2014年08月02日

コトノハゲームズ作品委託情報(通販)

コトノハゲームズでは、同人ゲーム関連を扱う各ショップさまに委託をお願いしています。
確認がとれたものから、随時更新してまいります。
※品切れなどの場合はご容赦下さいませ

・「オムそばすけっとギフトセット」
とらのあなさん2014/08/02

・「オムそばすけっとギフトブック」
とらのあなさん2014/08/02

・「魔法少女はとまどったり☆ドギマギしたり。RPG」(コトノハゲームズ名義ではありませんが)
とらのあなさん2014/08/02

また、とらのあなさんにはゲーム以外のオリジナル漫画同人誌なども扱って頂いてますので
もしご興味持たれましたら、こちらの作家名ソートなどからごらんになっていただけると嬉しいです。2014/08/04

(文:ささりょー)
posted by コトノハゲームズ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

グルメコミックコンベンション4に参加しました

去る7月6日は、池袋で行われた
「グルメコミックコンベンション4」
http://gurucomi.sakura.ne.jp/
に出展してきました。
同人イベントの中でも珍しい、参加サークルが会場で料理を作って出したり
飲食に関する同人誌などを頒布するイベントです。

オムそばパネルmini.jpg孤独のオムそば表紙mini.jpg
画像はブース用のパネル用原稿と「孤独のオムそば」表紙です

グルコミ自体には、楽しそうだな〜と以前から興味を持っていたのですが、
今回は私達コトノハゲームズも料理を作るカードゲーム
「オムそばすけっと」と、今日のために
藤浪智之先生が作った「オムそば」の一人用ルールを掲載したコピー誌
「孤独のオムそば」を持って、参加させていただきました。
(タイトルの通り、「孤独のグルメ」のパロディ要素のある本です)

会場で設営していると香ばしい焼き餃子の香りが漂ってきたり、
あちこちで料理やふるまい酒が行われていたり
(20歳以上で飲酒を希望する来場者は有料で飲酒許可証のリストバンドを購入できました)
ちょっぴり風変わりで、でもとっても楽しいイベントでした!

会場で「オムそばすけっと」に興味を持ってくださったみなさま
どうもありがとうございました!

特別ゲストで、久住昌之先生(孤独のグルメ原作などで有名)の
サイン会やトークショー、久住先生率いるスクリーントーンズさんの
ミニライブも楽しめて、おなかいっぱいの一日でした。

(以下、会場でシェアして飲んだり食べたりしたおいしいもの写真です。
一枚目の写真を撮ったときに、とけねこ先生がとっさに添えたオムそばカードがその後なぜか恒例に)続きを読む
posted by コトノハゲームズ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

ボードゲームストリート2014でご紹介いただきました

BGS.jpg
どーん。もうちょっときれいに撮ってあげたかった…

1つ前の記事でとけねこ先生こと藤浪智之先生も書いていますが、
ゲームマーケット2014春では、どうもありがとうございました!

会場で、
グループSNEの安田均先生がにこにこしながら教えて下さいました。

『ささきさんささきさん、オムそばすけっとの事、こんどのボードゲームストリートで少し書かせてもらったよ』
『うちの○○がえらい気に入ってて』
「わーー!?」

わーー。
そんなわけで、さっそく読んでみました。
ボードゲーム・ストリートは新紀元社さんから毎年出ている本で、
(ここをご覧のかたがご存知ないということはほぼないかと思うのですがっ)
色々なジャンルの海外や国内のボードゲームを、
安田均先生はじめグループSNEのボードゲーム大好きメンバーさんが紹介している、という
レビューにリプレイ、座談会もありというとっても楽しい情報誌なんです。

そんなご本にオムそばがー。

”(前略)54枚のカード
を使った4つのゲームが遊べます。なかでも、
タイトルと同名のゲーム「オムそばすけっと」は、
一見するとメビウスゲームズの名作『ワードバ
スケット』をモチーフとしたような、しりとり
風のゲームなのですが…言葉ではなく、場に
出ている食材カードと、手札の食材カードを、
とっさに組み合わせて料理に仕立てあげる、と
することで、プレイした印象はまったく違うも
のに。(中略)”
”(中略)女子力の高さが強さと
なるこのゲーム。(後略)”


(以上部分引用させていただきました)
わわー。
女子力。
わわー。
そうだったのですね(納得)!

安田先生、記事を書いて下さった伊勢先生、
もったいないご紹介とお言葉を、どうもありがとうございます。
もったいなくも光栄で、とっても嬉しいです。

余談(?)ですが、ここで。
前にどこかで書いたかもしれませんが、
『ワードバスケット』(私たちの大好きな、本当に名作ゲームです)
の生みの親である
小林俊雄先生にも、図々しくもオムそばすけっとを「ご笑納下さい…!」と
ファン宣言と共に送りつけてしまっております。
メールのやりとり中に判明した予想外のできごとが個人的に
とても面白く、嬉しかったのですが、これはまた何かの機会に
ご許可をいただいたうえで書いてみたかったりします。

嬉しさのあまり少々フワフワした文章になりましたこと、おわびします。
「ボードゲーム・ストリート」、「ワードバスケット」ともに
オムそばすけっと、これからもよろしくお願いいたします。

(文:ささりょー)

 

posted by コトノハゲームズ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

『迷宮まーちゃんと☆うぃっち』のこと&ゲームマーケット2014年春お礼

先日2014年6月1日は、ゲームマーケット2014年春が開催され、コトノハゲームズも出展してまいりました。

改めまして、当ブースに来てくださった皆様にお礼を申し上げます。
また、諸事情で来場が遅くなってしまいましたことをお詫びします。周囲のブースの皆様にはご迷惑おかけし、また当ブースにいらっしゃれなかった皆様、本当に申し訳ありませんでした。

さて、今回の新作は『迷宮まーちゃんと☆うぃっち』でした。

画像1:あるいはポスター絵で共用.jpg

これは「ファンタジープレイス」とセットになっており、遊ぶことができるTRPG風ボードゲーム。1人〜6人で遊ぶことができます。

画像2:ファンタジープレイス.jpg

「ファンタジープレイス」というのは『お城』『宿屋/酒場』『鍛冶場/工房』、あるいは『畑/牧場』『森/荒野』などの、いろんな「ファンタジーの場所」を、簡単な紙工作の立体のクラフトにしたものです。

 佐々木亮先生の画による、絵本風のイラスト。切って並べれば、見た目も楽しい「ファンタジーの街」やその周辺ができあがります。
 このゲームで使うほか、ファンタジーRPGなどをプレイするときに、アクセサリーとして使用することもできるでしょう。
『魔女の店』という建物があるのが『迷宮まーちゃんと☆うぃっち』ならではです。

画像3:プレイスイベント.jpg

 ゲームに使用する、各「ファンタジープレイス」ごとのイベント表は、TRPGなどで、ランダムのイベントを起こすときのアイデアソースにも……なるかもしれません。

 さて『迷宮まーちゃんと☆うぃっち』は、これによってつくられた「ダンジョンのある街」を舞台に、その街に暮らす「冒険者」や、その冒険者を相手に商売をする「商人魔女(マーチャント・ウィッチ)」になって、アイテムをめぐる冒険をする、というTRPG風のボードゲームです。

画像4:キャラカード.jpg

 1人〜6人でプレイしますが、必ず一人は「商人魔女」になります(彼女は商人でありますが、ゲームのなかでは他の冒険者を導く「冒険の水先案内人」としての役目も持ちます。TRPG風にいえば「ゲームマスター」に近い立場かもしれません)。
 ゲームは2つのモードに分かれ、
「街の探索モード」(「街」を舞台に、さまざまな場所でのイベントをこなしながら、アイテムを集めます)

「ダンジョン探検モード」(「ダンジョンシート」で表現されるダンジョンにアタックし、手に入れたアイテムを活用しながら、最下層を目指します)
……の2つの遊び方ができます。
 ふたつは別々に遊ぶこともできますが、連結して遊ぶ(「街」でアイテムを集めて条件を果たしたあと「ダンジョン」に行く。また「街」と行き来しながら最下層をめざす)こともできます。
 また「街の探索モード」は、簡単なルールで行う「シンプル」モードもあります。

画像5:ダンジョンシート.jpg

 見た目も楽しい「ファンタジーの街」を舞台に、街を探索したり、ダンジョンにアタックするTRPG風ボードゲームです。
 ひとりで遊べるルールも入っていますので、ひとりで楽しんだり、みなさんで遊んだりしてみてください。

 会場では多くの皆様に手にとっていただきました。
 ショップ様などでの委託販売も、今後計画しておりますので、ゲームマーケット会場で入手できなかった皆様も、もうしばらくお待ちください。


 最後にお詫びと追記です。
『迷宮まーちゃんと☆うぃっち』は、当初、ファンタジープレイスを使用した「ゲームブック&TRPG」と予定されていたのですが結果「一人プレイも可能なTRPG風ボードゲーム」という、ブース情報と異なるものになってしまいました。
 また、もうひとつ予定されていました、『おいしい村の冒険!!』は、今回、諸事情で6/1の出展に間に合わせることができませんでした。
 こちらを楽しみにしてくださっていた皆様、申し訳ありませんでした。

『迷宮まーちゃんと☆うぃっち』については、今後TRPGルールや、ゲームブック(一人プレイ用シナリオ)の増補を発表する予定があります。
 今回『迷宮まーちゃんと☆うぃっち』をご入手してくださった皆様にも楽しめる形でご提供する形を考えておりますので、お待ちいただければ幸いです。

 また『おいしい村の冒険!!』についても開発中で、近日イベントで発表する予定です。しばしお待ちくださいませ。こちらは、即興で物語をつくっていく「ストーリーテリングゲーム」で、『おとぎだま』や、あるいはごく簡単なTRPGに近い内容です。

(文:藤浪智之)
posted by コトノハゲームズ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

ゲームマーケット2014春に出展します

GM14春pポスター見本小.jpg

こんにちは!コトノハゲームズです。
いよいよゲームマーケット2014春が間近となり、
とても楽しみ&ドキドキしています。
ブース番号はB-01、「コトノハゲームズ」です。

今回の新作は、ファンタジーボードゲームです。
16個ある、切り抜いて組み立てる方式の
「ファンタジープレイス」(建物や場所)を中心に
冒険者たちがアイテムを集め、競いあったり協力しあったりしながら
ダンジョンを攻略する
『迷宮まーちゃんと☆うぃっち』(略称『迷宮まっちー』?)です。

単品でも遊べるのですが、ファンタジープレイスは、
ファンタジーTRPGをプレイするときにも使ってもらえるものになっています。
お城とダンジョンのある街を散策するときなどにいかがでしょうか。

耳慣れない「まーちゃんと☆うぃっち」とは、
全てのアイテムを扱うことのできる商人魔女、このゲームの特徴的な
(そして、以前から私たちの作品を見ていて下さる方にはある意味おなじみの)存在です。

彼女が魔女の店で扱ったり、ダンジョンに持っていくアイテムが勝利のカギ。
勇ましい品物やかわいかったり、ブキミだったりする品物は
キャラクターによって装備すると強くなったり、振るダイスを増やしたりできます。
うまく使って街の平和を守って下さいね!

実は印刷物がまだ届いておらず、頒価は直前になるまで決められないのです。
すみません…。
内容物は
☆ゲームの遊び方:1部(1C)
☆ファンタジープレイス:2枚(16種→8枚×2)(4C)
☆キャラクターカード+キャラクターコマ:1枚(2種各6体分)(4C)
☆アイテムチップ:1枚(1C)
☆プレイスイベント表:2枚(1C)
☆ダンジョンシート&イベント:1枚(1C)
を予定しています。

ご好評いただいています『オムそばすけっと』に『おとぎだま』、その他
まど☆マギ。RPG』『わーきんぐ☆うぃっちーず』等TRPGルールブックもあります。

直前になってしまったのでお取り置き等はご対応できないのですが、
よろしければ、ぜひ見にいらして下さいね。
記事トップのポスターが目印です。

(文:ささりょー)

追記:ファンタジープレイスのサンプルをこちらにUPしてみました。
ちっちゃいですが、こんな雰囲気です。

posted by コトノハゲームズ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする